読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE SIMPLE LIFE

To be Minimalist ~世界を飛び回るミニマリスト~

【Minimalism】食について考えてみる Organic編

田舎の親戚より大量の柿が届きました♡
季節ですね〜〜
にしても食べきれるか心配、、、笑
アレンジ術を駆使しております

 


\コンポートにする/

+砂糖
+レモン
+水

 

Organicの食材・調味料を使いシンプルに。
Organicの物しか使わない
・・・なんてことは断じてありませんが(笑)
選べるならOrganicを選びます♡

市販のジャムやコンポートも美味しいんですが
やはり手作りの方が安心で安全ですよね♪
不要なモノは使わない、
これも一種のMinimalismだと思います

 


仕事上様々な国を行き来しますが
先進国の中でも日本はOrganicの文化がそこまで浸透していない気がします。
都会では主に健康志向の女性からOrganic専門店が人気ですが
私の地元のような田舎ではOrganicという言葉もそんなに浸透していません。

 

Organic食材を多く取り扱うWhole Foods Marketというアメリカ各地にある有名なスーパーマーケットに初めて行った時の感動を今でも覚えています
ほぼ全ての食材調味料がOrganicで揃えられる素晴らしさ!

元々Organicへの拘りがそんなになかった私は

その需要の高さ故にWhole Foods Marketがウケていて支持されているのだと考えると、アメリカ人のOrganic志向の人の多さに驚きました。

もちろんOrganicでないものも販売されていますが、
同じ食材においてもOrganicという選択肢があるという環境、
その選択肢があることが当たり前となっています。

 

私自身、Organic食材を積極的に使うことで
体調が驚異的に良くなったetcのいい影響があった訳ではありません(笑)
ですが、そもそも科学調味料や化学肥料は人間が生み出したものであって
元来自然界に存在していたものでないと考えると
人間の体に必要なモノなのかそうでないのかは安易に判断がつくと思います。

食材を長期保存出来るとか、彩りが鮮やかとか、便利なものではありますが、

"ヒト"にとって必要なのかを考えると

世の中は想像以上に不要なモノに溢れていることに気付かされます

 

 

『Minimalism』
その言葉の意味を考えるとただただ断捨離するということのみならず

様々なジャンルにおいて必要なモノと不必要なモノを取捨選択していくという考え方なのだとしみじみ感じます

必要、不必要は人それぞれ。

選択肢が多い環境にいる私たち現在人こそ、日々選択を求められているのだと感じました。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ"/
にほんブログ村